カウンターアクション go!go!vanillas single 収録曲 歌詞 MV

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - カウンターアクション go!go!vanillas  single 収録曲 歌詞 MV
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

カウンターアクション Single, Maxi
go!go!vanillas 形式: CD

カウンターアクション go!go!vanillas single 収録曲 歌詞 MV

CD (2015/9/16)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Single, Maxi
レーベル: ビクターエンタテインメント
収録時間: 13 分
ASIN: B011OO75VM

前作「バイリンガール」から一転、躍動感と高揚感で突き進む男のダンス&ロックンロール・ナンバーを収録した、go!go!vanillasのメジャー・セカンド・シングル。

カウンターアクション go!go!vanillas single 収録曲 歌詞 MV

1. カウンターアクション
2. デッドマンズチェイス
3. もうひとつの土曜日

1.カウンターアクション

作詞:Tatsuya Maki
作曲:Tatsuya Maki

馬鹿げたことばかり
頭にくるよな
ハンデ有りのサドンデス
蔓延ってて驚くよ

トゲはずいぶんと増えたけどさ
やり場がどこにもなくて
カッコがつかねぇよ
それでも僕らはそう生きていく

oh wow 波乱万丈な君に救いの手を メーデー
目先に囚われて我を失うな
oh wow 型破れ 鮮やかな日々目指して
ドタバタ劇のように全力じゃなきゃ
地獄の底まで堕ちていく

曖昧にお茶を濁し
難を逃れても
弱い自分は変わらず
心はSick 他所が眩しいよ

イメージ通りに猫をかぶれ
綺麗ごとじゃいられないさ
負けたくはないだろ?
毒を以て毒を制するが勝ち

oh wow 波乱万丈な君に使い古した常套句
贈ることなど今さら絶対にしない
oh wow 日差しさす ひとときをただ目指して
毒に飲み込まれないよう常に問いかけて
君は誰だ?

不可能を可能にしたって束の間の休息と苦悩
板挟みの感情揺さぶってふざけたトークで馬鹿を装った
顔色うかがうことで自分誤魔化すのはもうやめて

oh wow 波乱万丈な君に日の目を見た ニューデイ
目先に 囚われて我を失うな
oh wow 型破れ 鮮やかな日々目指して
ドタバタ劇のように全力じゃなきゃ
気づいたら地獄の底まで堕ちている

転けてイーブン
焦んなって
負けてばかりもいらんねぇんだって

2.デッドマンズチェイス

作詞:Keisuke“pretty”Hasegawa・Tatsuya Maki
作曲:Keisuke“pretty”Hasegawa

どこまでもどこまでも馬鹿らしく
いつまでもいつまでも夢見てて
くたばったままでもまた目が覚めて
笑い声が響く
思い出せ
デッドマンズチェイス

追いかけても追いかけても遠く
生きた屍のような毎日
ここへおいでよのその一言で
息吹き返すから
思い出せ
デッドマンズチェイス

どうしたらいいんだ どこ行きゃいいんだ
どうしてもいいさ どこでもいいさ
どうしたらいいんだ どこ行きゃいいんだ
どうしてもいいさ どこでもいいさ

冷めきっていても心が騒ぐ
浮かれっぱなしのパレードを追い掛け
夜が明けるまで気分はジャストティーンネイジ
今に火種を撒く
思い出せ
デッドマンズチェイス

どこまでもどこまでも馬鹿らしく
いつもいつまでも夢見てて
くたばったままでもまた目は覚めて
笑い声が響く
思い出せ
デッドマンズチェイス

3.もうひとつの土曜日

作詞:Shogo Hamada
作曲:Shogo Hamada

昨夜眠れずに泣いていたんだろう
彼からの電話待ち続けて
テーブルの向こうで君は笑うけど
瞳ふちどる悲しみの影

息がつまる程 人波に押されて
夕暮れ電車でアパートへ帰る
ただ週末の僅かな彼との時を
つなぎ合わせて君は生きてる

もう彼のことは忘れてしまえよ
まだ君は若く その頬の涙
乾かせる誰かがこの町のどこかで
君のことを待ち続けている

振り向いて
探して

君を想う時 喜びと悲しみ
ふたつの想いに揺れ動いている
君を裁こうとする その心が
時におれを傷つけてしまう

今夜町に出よう 友達に借りた
オンボロ車で海まで走ろう
この週末の夜は おれにくれないか
たとえ最初で最後の夜でも

真直ぐに
見つめて

子供の頃 君が夢見ていたもの
叶えることなど出来ないかもしれない
ただいつも傍にいて手をかしてあげよう
受け取って欲しい この指輪を
受け取って欲しい この心を

Tagged with 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *