カフカ Tokyo 9 Stories アルバム 収録曲歌詞

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - カフカ Tokyo 9 Stories アルバム  収録曲歌詞
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

Tokyo 9 Stories
カフカ (アーティスト) 形式: CD

カフカ Tokyo 9 Stories アルバム  収録曲歌詞

4ピース・バンド、カフカのUKプロジェクト移籍第1弾アルバム。通算5枚目のアルバムとなる本作のテーマは“東京”。都会に住む人、都会に来た人、都会に憧れる人、朝方のゴミの山、カラスの群れと、夜の店の華やかさ、路面にせり出す真っ白い電化製品が同居する街。東京で起こる9つのストーリーとエピローグからなる作品。

カフカ Tokyo 9 Stories アルバム 収録曲歌詞

1.She’s like Sofia Coppola

作詞:金子航太
作曲:カフカ

映画みたいな恋に憧れたままで
彼女は誰にも出会えない
見えなくなっていく自分の姿より
ハッピーエンドを探してる

夢から覚めないようにそっと願って
遠くで聞こえる24時のサイレン
嫌いな誰より汚れてみたいって
彼女は誰より綺麗に笑おうとしたんです

何で自分だけが1人ぼっちで
カマトトぶってるとか言われて

馬鹿馬鹿しくなって どうでもよくなって
最終電車を待っていたんです

青山通りの美容院予約して
伸ばしたネイルを真っ赤に塗ったんです
手垢にまみれた吊革が嫌いで
彼女は映画のエンドロールの曲を探してる

夢から覚めないようにそっと願って
遠くで聞こえる24時のサイレン
嫌いな誰より汚れてみたいって
彼女は誰より綺麗に笑おうとしたんです

2.Night Circus

作詞:金子航太
作曲:カフカ

この星はいかれてるワンダーランド
君も誰かを演じているんだろ?
涙溜めたその瞳で
おどけたふりをして転んだって
見破られたくなくて笑ったって
一人ぼっちの道化芝居演じているんだ

ダンス ダンス ダンス
悲しいとき笑う癖が抜けなくて
「誰も傷付かぬように」胸がチクチク痛むけど
ダンス ダンス ダンス
見つからない朝を夢見てる僕ら
寝たふりの月の下 探し続けた NIGHT CIRCUS

寂しさや憎しみや葛藤を
抱えて傘をさし歩いてた
立ち止まったら零れちゃうから
雨に打たれて花が咲いていた
汚れてもなお綺麗に咲いていた
その覚悟が僕らにあるんだろうか?

ダンス ダンス ダンス
その孤独も抱きしめてあげたいんだ
取り繕うことをやめたピエロ失格の僕らは
ダンス ダンス ダンス
素直なまま 汚れたまま そこにいた
土砂降りの雨の中 踊り続けた NIGHT CIRCUS

Yeah Yeah NIGHT CIRCUS
Yeah Yeah NIGHT CIRCUS

ダンス ダンス ダンス
悲しいとき笑う癖が抜けなくて
「誰も傷付かぬように」胸がチクチク痛むけど
ダンス ダンス ダンス
見つからない朝を夢見てる僕ら
寝たふりの月の下 探し続けた NGIHT CIRCUS

Yeah Yeah NIGHT CIRCUS
Yeah Yeah NIGHT CIRCUS

3.サンカショウ

作詞:金子航太
作曲:カフカ

死んでもいいと笑うより
生きていくって泣いていたい

生きてる意味はあるのかい?
こんなくだらない世界で
面接官に聞かれたって
志望動機 特に無いです
傷付くこともあるでしょう
それでも君はやるのかい?
人生ゲームとモノポリー
奪いあって 愛しあって

僕は多分あなたが好き
理屈も道理もくそくらえで
シャッター街 ぽつんと立っていた
自販機の「当たり」みたいに僕は
期待されてなんかないみたいだ

死んでもいいと笑うより
生きていくって泣いていたい
それだけで十分だったんです もうこんな世界は
あなたに会いに行きたいな
給料前でお金ないけれど
コンビニでケーキか何か買っていこう

新宿駅西口で
毎日ティッシュを配って
終わりのない人ごみに
舌打ちして クビになって
何かがきっと足りなくて

悲しくたって泣けなくて
どれ位の痛みなら
楽になんの 楽になんの

何で分かってくれないんだ
血液型で決めつけんな
ランキングばかりの雑誌コーナー
売れ残ってもリサイクルなんて
できない僕らはどうすりゃいいの?

どうせ1人だ いつだって
消えてしまえばいいなんて
そう願ったって最低な夜は明けていった
あなたは今日も生きていて
それが無償に嬉しかったんです
何故だろう涙が出そうになったよ

働いて 怒られて
代わりなら いくらでもいて
ズルをして 嘘ついたって
表彰台なんか乗れるわけないと知ったんだ

死んでもいいと笑うより
生きていくって泣いていたい
それだけで十分だったんです もうこんな世界は
あなたに会いに行きたいな
給料前でお金ないけれど
コンビニでケーキか何か買っていこう

2人の参加賞

4.残飯処理

作詞:金子航太
作曲:カフカ

君の頼んだパスタにはきのこ類が乗っている
大した話は無いけれど大げさに言って飾ってる
誰だって同じような毎日を過ごしている
飽きないようにちょっとだけ味付けを変えて消費する

誰かが食い散らかした残飯処理が流行さ
でもそうやって適当にして笑えてるだけ幸せです
目新しさに飛びついて すぐに飽きちゃうならいっそ
ナポリタンのコーヒーセット 変われないままです

皿の上には丁寧によけられた玉ねぎが

君が残したそれは誰かがどうしても食べたかったもの

そんな台詞言えるわけないね
胃がもたれてしまいそうだ
誰かの事なんて知らねえよ

誰かが食い散らかした残飯処理が流行さ
でもそうやって適当にして笑えてるだけ幸せです
目新しさに飛びついて すぐに飽きちゃうならいっそ
ナポリタンのコーヒーセット 変われないままです

ごちそうさまでした

5.ニンゲンフシン

作詞:金子航太
作曲:カフカ

どうしてこうなっちゃったんだ
もう大して悲しくないなって
人があまりに信じられません
自分にいつでも正直で
いたいなんて結局出来なくて
ポーカーフェイス Level99
逃げだしてばっかりで仲間もいない
ドラゴンもイナズマも呼び出せない
最後の最後に丸腰で
向き合わなきゃいけないなんて
そのラスボスの名前は

ニンゲンフシン ニンゲンフシン
傷つかないように鎧まとって
ニンゲンフシン ニンゲンフシン
守ったって心はフリーズしてんだ
綺麗なまま飾ってても
売れないなら捨ててしまおうか
ニンゲンフシン ニンゲンフシン
誰よりも僕を信じたがっている

試験電波のカラーバーが
愛想のない部屋を色付けした
場違いなのは僕の方なの?
リセットボタンがあったって
やり直せる自信が無いからさ
裏ワザおしえて大枝林

夜は明けていく
少しだけ眠れたらまた同じような毎日でも
主人公は僕でなきゃダメだと思えたんだ

ニンゲンフシン ニンゲンフシン
不条理で矛盾だらけの世界で
ニンゲンフシン ニンゲンフシン
裏切られるのは慣れているんだ
いつかまた 笑えたなら
誰かを信じてみたいけれど
ニンゲンフシン ニンゲンフシン
誰よりも僕を疑ってしまう

目を閉じ耳を塞げ 愛なき歩行者天国
神様面してても 心は不安で仕方ないの
だから今日は話そうか 嫌いなやつの事=
誰よりも自分の事分かった気になってた僕の事

ニンゲンフシン ニンゲンフシン
傷つかないように鎧まとって
ニンゲンフシン ニンゲンフシン
守ったって心はフリーズしてんだ
綺麗なまま飾ってても
売れないなら捨ててしまおうか
ニンゲンフシン ニンゲンフシン
誰よりも僕を疑ったって
誰よりも僕を今 信じてる

6.月の裏側

作詞:金子航太
作曲:カフカ

やる気がなくて することも無くなって
誰とも一言も話さないまま夜が来てた
あなたはどこで何をしてるのかしら
昔の写真を探しては何やってんだって

悲しくなんて無かったのにな
月の裏側 テープの痕が残った
水槽の中で僕らが見てた 空を剥がして
全部嘘だと言わなきゃいけないね

子供の頃は友達も多かった
近所の駄菓子屋も当たり前に無くなっていた
あなたがどうして冷たくなったなんて

今では知る由もないのにまた誰を責めるの?

少年漫画で見た夢の世界なら
公衆トイレの隅 誰かにとってのゴミ
軽蔑してくれ 棄てられたのは
演じ続けた僕の方だと今さら気付いて

悲しくなんて無かったのにな
月の裏側 テープの痕が残った
水槽の中で僕らが見てた 空を剥がして
全部嘘だと言わなきゃいけないね

ダンボールの月が笑う

7.ティファニーで晩餐を

作詞:金子航太
作曲:カフカ

いびきかいて寝て起きて
君とティファニーで朝食を
ドラマクイーンは鏡に映り込む邪魔なTV消して
大切そうに小さなダイヤの指輪はめようとした

偽物だよって 俯き笑った
ガラクタ抱えた両手
見せ物でいいよ 君はそれ以外
生き方なんて知らないから
どんな嘘もついていい

流行りものチェックしたいと

見てる王様の昼食を
ずっと携帯覗き君は誰か羨んでばかり
そんなもん疎ましいって言う僕は冷たい人間です

息をするように嘘を吐き出して
冷たい空気を吸った
もう冬だねって シチューを作って
2人で夕食を摂った
こんな日がずっと続かない事
僕だけが知っていたんだ
幸せだよって 幸せだよって
思い込もうとして 気付いてる
どんな嘘をついてほしい?

8.bananafish story

作詞:金子航太
作曲:カフカ

東京の街 憧れてた生活に慣れたって
こんなはずだったっけ
センター街 吸い込まれていく
肥大した欲望に魚は群がって
愛憎劇にもなりはしない 僕たちの群像に
ディストーション足すように
政治家はよだれにまみれた
拡声器で幸福を約束してくれるよ

ヘッドフォンで耳塞いだって聞こえた
うるさいな うるせえな
期待したってどうせ裏切られる
本当は呼吸困難で溺れそう
助けてよ 助けてよ
行く宛のない僕たちを
ああ バナナフィッシュは泳いでる
何も知らずに

18で失くした彼女は
身体を売ったって別に病まないようで

人生の価値を決めるなら
3万じゃ高いなってなんとなく知っていた

浴槽で死んだふりして探した
生きる意味 生きる価値
痛みだけが知っている気がして
もったいぶって股開いたって眠いだけ
ANNA SUI も Vivienne も
本当は欲しくも無いのに
ああ 馬鹿みたいだな
少しだけ満たされたんだ

ヘッドフォンで耳塞いだって聞こえた
うるさいな うるせえな
期待したってどうせ裏切られる
本当は呼吸困難で溺れそう
助けてよ 助けてよ
行く宛のない僕たちを
ああ バナナフィッシュは泳いでる
何も知らずに

9.愛していると言ってくれ

作詞:金子航太
作曲:カフカ

今日も覚えているよ あなたといつも歩いた街で
見失わないように 人ごみの中 袖を掴んで
レンタルビデオの棚 トヨエツのドラマじゃ笑えない
黄昏ていれるだけ あなたが思い出になっていく

愛していると言ってくれ 愛していると言ってくれ
悲しい嘘でもまた 救われてしまいそう
愛していると言ってくれ 愛していると言ってくれ
もう一度逢えるならば 騙されたままでいたいな

夜が更けてしまうまで あなたといつも歩いた街は
安っぽいLEDのネオンでさえも綺麗に見えた
すれ違い 重なって 大切なものが増えていく
大人になれたのかな 憧れや夢を捨てたなら

大嫌いと言ってくれ 大嫌いと言ってくれ
優しさに触れたなら ぶっ壊れてしまいそう
大嫌いと言ってくれ 大嫌いと言ってくれ
忘れ去られるほうが 許されるより怖いんです

すがりついた夜の隙間 明日が僕にも訪れるのなら

愛していると言ってくれ 愛していると言ってくれ
悲しい嘘でもまた 救われてしまいそう
愛していると言ってくれ 愛していると言ってくれ
もう一度逢えるならば 騙されたままでいたいな

愛していると言ってくれ 愛していると言ってくれ
愛していると言ってくれ 愛していると言ってくれ

10.東京

作詞:金子航太
作曲:カフカ

愛想の悪い目を隠しました
許されたくて嘘をつきました
幾度となくナイフで刺しました
救いは無いと今気付きました
殺したいほど忌み嫌いました
それでも生きたいと願いました
あなたの顔が目に浮かびました
疲れたけど笑えました

人が一人じゃ生きられない
理由を私に教えてよ
あなたがそっと あなたがそっと
この手をそっと離すとき
午前6時の東京で
ゴミだらけの駅前で
キスをしたいな キスをしたいな
煙草臭いと笑ってよ

人を使い回った経済が
人を騙し儲けた宗教が
人を奪い合う欲情愛が
人が人じゃなくなる戦争が
この街を包み込む悲しみに

犬みたいに働く生活に
あなたといる小さな喜びに
繋がるならここにいたいよ

独りよがりの窓枠に
夜明けがそっと訪れて
世界はきっと 世界はきっと
素晴らしいと気付くでしょう
そのときまでは汚れなき
夢を見ていて いつかは
許せるように 許せるように
俗にまみれた私たちを

人が一人じゃ生きられない
理由を私に教えてよ
あなたがそっと あなたがそっと
この手をそっと離すとき
午前6時の東京で
ゴミだらけの駅前で
キスをしたいな キスをしたいな
煙草臭いと笑ってよ

この東京の街で
この東京の街で

Tagged with 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *