新曲 幻日 THE BACK HORN 歌詞付視聴 PV

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 新曲 幻日 THE BACK HORN 歌詞付視聴 PV
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

THE BACK HORNの通算10枚目となるオリジナル・アルバム。初期の衝動的な側面が全面的に出ている楽曲から、中期の実験的な楽曲、そして近年の成熟されたロック音楽を混成した作品。メンバー4人が持ち寄ったバラエティー豊かな楽曲と歌詞の世界観が感じ取れる一枚。グラミー受賞エンジニアGeoff Sanoffの制作楽曲も収録。

暁のファンファーレ
THE BACK HORN | 形式: CD

暁のファンファーレ

新曲 幻日
THE BACK HORN 歌詞

幻日
十字架が傾いて罰になった夜明け前
崩壊
晴天の霹靂
天高く燃え上がる炎

忘却
まなこに焼き付いた坂を降りる乳母車
望郷
ねんねんおころりよ
懐かしき子守歌響く

怪しく幻日が揺れてる 日差しが目に突き刺さって
ぐらつく真実 俺はどこにいる?
刹那の花が砕けて飛び交う蛾が美しく
やがて闇に黒く黒く染められて躍る星の下

幻月
人は皆神隠し 鎮座するは家畜の王
揺光
迷い込む烏兎烏兎
天高く燃え上がる炎

暴走
とめどなく喰らえば食糧庫は空になり
本能
生贄を探せと
砂の城蹴散らして叫ぶ

未曾有の欲望が荒ぶる 激雷が突如鳴り響いて
狂乱の舞台は矛先を探す
怒号の渦に向かって家畜の王が叫び出す
「どうか俺の肉を分けて喰ってくれ 神の火で焼いて」

我他彼此…

荒ぶる雷同は燎原の炎
面妖なる含毒と濫行とケイオス
破鏡なる鼎沸は何一つ生まず
神の火がお怒りになった

怪しく幻日が揺れてる 日差しが目に突き刺さって
ぐらつく真実 俺はどこにいる?
刹那の花が砕けて飛び交う蛾が美しく
やがて闇に黒く黒く染められてしまうその前に

幻日を暴いて心の目で見極めろ
この身捧げ俺に何ができるだろう
命滾らせて

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *