新曲 桜色の記憶 – 山猿 歌詞

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 新曲 桜色の記憶 – 山猿 歌詞
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

歌詞: 山猿
作曲: 山猿

ただ何気なく過ごしてた この場所は居心地が良すぎて
飛び交う誰かの聞き慣れた声 あいつらがまたバカ騒ぎしてる

根っから勉強嫌い 説教なら右から左
教科書に書いたあの落書きは好きなあの子の顔ばっかり
勝手に書いた相合い傘は開く事なく閉じたまんま
とまどってる僕がいた

教室の机に書いた さよならが言えずにくすぶってる
本当はもっとここにいたいよ
でも僕らは今日で卒業

愛した日々が大切すぎて この胸が嬉しさ覚えてる
まだ雪が残る3月のあの校舎に手を振ったよ
明日からは別々の道だね ごめんね涙が止まらないみたい
君と見てた思い出ずっと いつまでも忘れない

通い慣れたこの道がこんなにも近く感じるなんて
いつもよりちょっとだけ遠回り 歩いて帰る僕がいた

学校帰りはお決まり カラオケBOXでたまったり
あの橋の下であいつは大好きな子に振られちゃってガッカリ
大切に閉まったはずの日々がマジ好きすぎて笑えない
僕らは今日旅立つの

愛した日々はいつもそばにいて うまく君の顔が見れないみたい
どうしようもないくらい胸が言う事を聞かずに泣くの
明日からは別々の道だね 分かってるけどなんか嘘みたい
君がくれた思い出ずっと これからも忘れない

記憶は桜色舞う花びら 穏やか降り注ぐ
僕が泣いてるのは悲しいからじゃない
ただ君が今日は笑わないから

愛した日々が大切すぎて この胸が嬉しさ覚えてる
まだ雪が残る3月のあの校舎に手を振ったよ
明日からは別々の道だね ごめんね涙が止まらないみたい
君と見てた思い出ずっと いつまでも忘れない

Tagged with 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *