新曲 米澤円 あしたのしおり 歌詞 フル

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 新曲 米澤円  あしたのしおり 歌詞 フル
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

さえずりの夢、彩とり鳥のセカイ

さえずりの夢、彩とり鳥のセカイ
米澤円

新曲 米澤円 あしたのしおり 歌詞

作詞:鈴木大記(クランジィ)
作曲:鈴木大記(クランジィ)

遠退くあの頃がここから見えたら
ぽつりとキミはベランダで鬱いでた
どれだけ焦がれたって戻らない時間だから
距離を感じ寂しく思うんだ

言えない想い 胸に仕舞って
喋り歩いた 帰り道だって
今になれば

今日も歌うよ 一人きりの素っ気ない部屋で
ありふれたヒットナンバー 思い出めくるように

でもね どうして?
いつの間にか広くなったベッドの右端はどこ?
懐かしい風
変わらない夏の夕暮れ

指折り数えても 懐かしいばかりで
涙が溢れないようにと拭った
聞き飽きた決意の明日から頑張ろうに
キミは呆れ笑ってたっけな

二人乗りして 寄ったゲーセンも
知らないうちに 私だけ置いて
どこへ行くの

今日も歌うよ あの頃のまま止まった部屋で
懐かしいヒットソング 何となくのコードも

ずっと変わらずに居たいだけなのに
周りみんなが変わっちゃうから
取り残された
私だけの居る世界に

やっと気づけた 今更だけど
変わったモノは私の中のキミだ
もう大丈夫 きっと歩ける
だから 最後に一つだけ

昔みたいに笑顔を見せて
そしたら今日も思い出せるから

変われるから 笑えるから

今日も歌うよ 一人きりの素っ気ない部屋で
擦り切れたヒットナンバーはもう聞こえないけど
秋の面影が少し街を染め始めた空に涙浮かべて
懐かしい風 キミの幸せを願って

遠退くあの頃が今なら見えるよ ぽつりと
本を閉じて栞抜いた
明日のページへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *