特撮 仮面ライダー鎧武 挿入歌 時の華 歌詞 PV

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 特撮 仮面ライダー鎧武 挿入歌  時の華  歌詞 PV
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

特撮 仮面ライダー鎧武 挿入歌  時の華  歌詞 PV

新曲 時の華 歌詞 PV

仮面ライダーGIRLS

特撮 仮面ライダー鎧武 挿入歌

作詞 藤林聖子
作曲 NAOKI MAEDA

歌詞

またひとつ何かを手に入れた時に
一抹の不安が過(よぎ)るの何故だろう
季節は巡りて幾とせ この場所が
懐かしくなるような 予感がしてるんだ

一度放たれた 矢は
その弓 離れたら
もう二度と 戻れないと 知っているだろうか

時の華がひらりひらり流れて行くよ
風に乗り
散り行く形を嘆いても この世は 無常なりと
時の華がひらりひらり川面で連なって
進むべき明日への 道に変わってく

考えても解らなかった答えが
誰かに傷つけられて見えたりして
迷っても動き続けるならどこかで
描いてた理想と 希望が出会うはず

「その為なら命も
投げ出す価値がある」
信じたいものの為に 人は戦うのさ

時の華がひらりひらり流れて行くよ
今宵月
帰り道を照らす光などないと 横顔見せ
時の華がひらりひらり 旅人 誘(いざな)うよ
彼方に見える世界 彩ってみせる様

一度放たれた 矢は
その弓 離れたら
闇 風 も切り裂いて 遥かな夢射抜け

時の華がひらりひらり流れて行くよ
風に乗り
散り行く形を嘆いても この世は 無常なりと
時の華がひらりひらり川面で連なって
進むべき明日への 道に変わってく
時華(ときばな) 舞い落ちる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *