新曲 藤宮香織 奏(かなで)雨宮天 歌詞付視聴 MV

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 新曲 藤宮香織 奏(かなで)雨宮天 歌詞付視聴 MV
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

TVアニメ『一週間フレンズ。』のEDテーマに、雨宮 天が演じるヒロイン・藤宮香織がカバーした「奏(かなで)」を起用。初回オンエアで初公開された。
スキマスイッチが2004年にリリースして以来ロングセールスを記録し、今なおカラオケのランキングでは上位に食い込む屈指の名曲「奏」。想い人と離れ離れになっていく男性の心情と、ふたりが別々の道を歩んでいく様を歌ったこの楽曲。『一週間フレンズ。』のふたりの主人公である「祐樹の記憶を失くしてしまう」香織と「香織の記憶から消えてしまう」祐樹、互いを想うほどに距離を感じてしまう二人の心情とこの楽曲の世界観がマッチングすることから、EDテーマへの起用が決定。そして、この「奏(かなで)」を、本作が自身初ヒロイン作品となる雨宮 天が藤宮香織として等身大の澄んだ歌声で披露し、本編により深みを与える仕上がりとなった。このCDは5月21日に発売される。

そして、『一週間フレンズ。』のBlu-ray&DVDシリーズも発売が決定。第1巻が6月18日に発売することも発表された。第1巻の初回限定特典として、『メタルギアソリッド』シリーズなどの大ヒットゲームや映画音楽を手掛ける戸田色音による、本編を彩る劇伴を収録したミニサントラCDや、キャストインタビューや原作者・葉月抹茶先生によるフルカラー4コマ漫画などを収録した特製ブックレットを封入。そして映像特典として、前述の「奏(かなで)」の『一週間フレンズ。』版MV、PV集なども収録。キャラクターデザイン・山﨑絵里の美しい描き下ろしイラストを使用したスリーブケースに包まれ、新緑の季節にリリースされる。

藤宮香織

奏(かなで)歌詞
藤宮香織(CV.雨宮 天)

TVアニメ『一週間フレンズ。』EDテーマ

作詞:大橋卓弥
作曲:常田真太郎

改札の前つなぐ手と手 いつものざわめき、新しい風
明るく見送るはずだったのに うまく笑えずに君を見ていた

君が大人になってくその季節が
悲しい歌で溢れないように
最後に何か君に伝えたくて
「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた

君の手を引くその役目が僕の使命だなんて そう思ってた
だけど今わかったんだ 僕らならもう 
重ねた日々がほら、導いてくれる

君が大人になってくその時間が
降り積もる間に僕も変わってく
たとえばそこにこんな歌があれば
ふたりはいつもどんな時もつながっていける

突然ふいに鳴り響くベルの音
焦る僕 解ける手 離れてく君
夢中で呼び止めて 抱き締めたんだ
君がどこに行ったって僕の声で守るよ

君が僕の前に現れた日から
何もかもが違くみえたんだ
朝も光も涙も、歌う声も
君が輝きをくれたんだ

抑えきれない思いをこの声に乗せて
遠く君の街へ届けよう
たとえばそれがこんな歌だったら
ぼくらは何処にいたとしてもつながっていける

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *