黒木渚 自由律 アルバム 収録曲歌詞

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 黒木渚 自由律 アルバム 収録曲歌詞
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

自由律 (初回盤A) Limited Edition
黒木渚 形式: CD

黒木渚 自由律 アルバム 収録曲歌詞

CD (2015/10/7)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Limited Edition
レーベル: Lastrum
ASIN: B013SVO0Z8

宮崎県出身のミュージシャン。
幼少期に日本舞踊をやっていた祖母の影響で漠然とステージに対する憧れを抱く。

中高時代は厳格な寮制学校に通い、世の中の情報からシャットアウトされていた環境の中で、読書・絵画などを通して自己表現に目覚めていく。
卒業後、福岡の大学へ。軽音部に加入し、独学でギター・作詞作曲を始め、市内で弾き語りのライブ活動を開始。2012年12月には、自らの名前を掲げたバンド“黒木渚”を結成。また、在学中には文学の研究にも没頭し、教員免許まで習得。卒業後、文学や演劇への道も考えられたが、「自分の中の衝動を表すには音楽が最速だった」という理由で、音楽活動を本格始動することを決意。

2012年12月にデビューシングル「あたしの心臓あげる」をリリース。これが有線インディーズチャート1位を獲得。さらには、iTunesが選ぶブレイクが期待できるアーティスト「ニューアーティスト2013」にも選出され、その名をじわじわと全国へ広めていく。

そして、2013年3月にリリースした1stミニアルバム「黒キ渚」の衝撃がバンドの評価を決定づける。血まみれのミュージック・ビデオが音楽ファンの度肝を抜いた「あたしの心臓あげる」をはじめ、女性の心理と生理を極めて生々しく表現しながら、文学的、演劇的なたたずまいのロックミュージックへ昇華させるスタイルが確立。

同年8月には「SUMMER SONIC 2013」のSONIC STAGEに出演、10月には2nd Single「はさみ」をリリースし、5大都市ワンマンツアー「やわらかなハサミ」を各地大盛況で終える。しかし同年12月19日に突如バンド解散を宣言。「COUNTDOWN JAPAN 13/14」出演をもってバンド・黒木渚は解散し、ソロアーティスト・黒木渚の新章が始まった。

2014年4月に1stフルアルバム『標本箱』をリリース。サウンドプロデューサーに松岡モトキ、ミュージシャンに柏倉隆史、中尾憲太郎、MASEEETAら錚々たるメンバーを迎え、サウンドはよりカラフルでダイナミックに。作家としての表現力はより幅広く繊細に。リード曲「革命」は全国ラジオ20局でパワープレイに選出される。

ソロとしてのスタイルを確立すると、活動半年で、6月に渋谷公会堂 単独ライブを成功させる。夏には「ARABAKI ROCK FEST.14」「RISINGSUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」「Sunset Live 2014 -Love&Unity-」等の音楽フェスにも多数出演し、各地好評を博した。

2015年1月21日に待望の3rd Single「虎視眈々と淡々と」をリリース。オリコンチャート初登場17位、ビルボードAirPlayチャート4位、USENインディーズチャート4週連続1位と各チャートを賑わせる。またリリースと同時に初の短編小説「壁の鹿」をwebで公開。さらにその小説世界に登場する鹿をインテリア(木製オブジェ)として販売。

音楽、文学、デザインの領域に大きく翼を広げ、急速に成長を続ける孤高のアーティスト。

黒木渚 自由律 アルバム 収録曲歌詞

1. 虎視眈々と淡々と
2. 枕詞
3. 大予言

4. アーモンド
5. 107
6. 命がけ欲しいものひとつ
7. テンプレート
8. 君が私をダメにする
9. 白夜

1.虎視眈々と淡々と

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

体ひとつ女ひとり 虎視眈々と淡々と

世界で一番暗い場所は 人間の黒目の中にある
世界で一番素敵なのは いつもさよならの中にある

嘘をついてついてついてつきまくれ
染まらない何かが本物だ

ギラッとした本性を吐き出したくて爆音
ズバッと撃ち抜いてみる
くらってしまった一撃にストップしていた人生
奪ってゆくつもりで やっと分かってゆく
体ひとつ女ひとり 虎視眈々と淡々と

世界で一番悲しいのは いつも喜びの後にある
世界で一番孤独なのは 何故かひとごみの中にある

風を切って切って切って切りまくれ
届かない何かが本物だ

ぐらっとした重心を取り戻せたら全力
ガラッと切り替えてみる
決まってしまった道筋がクラッシュしていく人生
無関心なそぶりで そっと祈っている
体ひとつ女ひとり 虎視眈々と坦々と

デタラメ でこぼこ デタラメ でこぼこ
デタラメ でこぼこ デタラメ でこぼこ

信じる事など止めてしまえよ 半端に傷つくくらいなら

ギラッとした本性を吐き出したくて爆音
ズバッと撃ち抜いてみる
くらってしまった一撃にストップしていた人生
奪ってゆくつもりで やっと分かってゆく
体ひとつ女ひとり 虎視眈々と淡々と
望みひとつ自分ひとり 虎視眈々と坦々と

2.枕詞

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

ライオンになった夜
性欲も吐き出して理性よお帰り
タバコが1 番美味しい時間なんだよ、今
頷いて吸い込んだ枕の匂い

ライオンになった夜
極限も乗り越えて理性よおかえり
においが一番記憶に焼き付くんだよ、ねぇ
うそぶいて吐き出した枕詞

明かりを消してよ 研ぎ澄まされなきゃ
分かんない何かが見たくてさ
砂糖の様なセリフ言わないでよ
今、終わったばかりの今、今、今

どっちだろうね本質は エクスタシーの真ん中で
愛の言葉を受け止めるドロリとした目
どっちだろうね本質は クライマックスを終えて
甘い言葉を拒絶する冷めた目

「うるさい」と呟いて
引き寄せて飲み干した喉元の汗
苦手と思って言葉にしてみたんだよ、今
頷いて吹き出した枕詞

上等過ぎて肌に合わないんだよ
泥臭い何かが欲しくてさ
ヒロインみたいに扱わないでよ
今、確かめたばかりの、今、今、今

どっちだろうね本質は エクスタシーの真ん中で
愛の言葉を受け止めるドロリとした目
どっちだろうね本質は クライマックスを終えて
甘い言葉を拒絶する

どっちだろうね本質は エクスタシーの真ん中で
面倒くさいと飛び込んだザラリとした目
どっちだろうね本質は クライマックスを終えて
ベタな言葉を期待する 濡れた目

3.大予言

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

汚れた海から怪物が産まれる
灼熱の日曜日にひょうが降る
傾いた平和がバランスを失う
眠りたいと真夜中に空が泣く

無責任な誰かの 大 大 大予言
当たっても外れても運命まかせ

残酷だらけの世界をぶん殴ってゆけ
魂以外はくれてやる
何もかもを愛して豪快に歩け
命短し我々が 最後は勝つのさ
大予言

ホームレスの中から王様が現れ
世界中の札束がゴミくずになる
捨てられた戦車で猫が産まれる
大陸を引き裂いた運河の怒り

いいかげんな誰かの 大 大 大予言
信じないも信じるも あなた次第よ

障害だらけの世界をぶち破ってゆけ
魂以外はくれてやる
何もかもを許してゴージャスに笑え
命短し我々が 歯向かってゆくは
大予言

アンラッキーや悲劇や
恐怖の大王も
蹴散らして 生意気に

残酷だらけの世界をぶん殴ってゆけ
魂以外はくれてやる
何もかもを愛して豪快に歩け
命短し我々が 最後は勝つのさ
大予言

4.アーモンド

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

首に腫瘍のあるハトは
今日も時計台の下にいる
都会の小さな公園で
はじかれてしまった透明な存在

ふくれた喉が重いのか
うつむいて私にも気付かない
アーモンドを1つ投げてやる
お前は悔しくはないのかい?

弱音を吐きそうなこの口に
孤独の種を放り込む
かみくだいてまた強くなる
こうばしい明日が香る

うろたえる赤いランドセル
東京駅で泣いていた
声をかける人も駅員もみんな
少女には敵に見えた

やみくもに「ママ」と叫ぶ声
揺るぎない安心の場所だ
アーモンドを1つ握らせて
私もママを思い出したよ

5.107

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

107のあの夜は完結しないまま
「最後までしないどこ」って言ったヘタレな君が好き
受話器から聞こえる声 蘇るムスクの香り

「彼女は元気?」聞いてみただけ
こっちは何も変わんないよ
踏み外すつもりでいたけどね 笑えるね

消し忘れのテレビが体を青く縁取っていた
君は神様みたいに「変な生き物だな」って笑った
あの部屋に帰ろう どうしようもなく一人の夜は
案外本気だったかもね
今更だけどね だよね

107のあの夜は蒸発しないまま
最後まで口に出さなかったヘタレな君が好き

「思い出すよね」言ってみただけ
忘れていてもかまわないよ
繰り返すつもりもないけどね 悲しいね

言い忘れた言葉が私を青く縁取っている
君は神様みたいに「分かってる」って言って止めた
あの部屋に帰ろう どうしよもなくひとりの夜は
結局本気だったかもね
今更だけどね だよね

踏み外すつもりでいたけどね 笑えるね

消し忘れのテレビが体を青く縁取っていた
君は神様みたいに「変な生き物だな」って笑った
あの部屋に帰ろう どうしようもなく一人の夜は
案外本気だったかもね
今更だけどね だよね

6.命がけで欲しいものひとつ

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

毎日毎日コマ送り 東京は深刻そうな顔
回転トビラは速過ぎて
飛び込むタイミングつかめずに

ほんの一瞬のそぶりで 私は清くも醜くもなる
ベタな筋書きは痛快なオチへ
無味無臭から脱出セヨ

命がけで欲しいものひとつ
だから私はどこまでも強い
匂い立つ、赤 そして潔くぽとりと落ちる椿の花

毎日毎日飼い殺し 東京は窮屈そうな顔
急行電車は混み過ぎて
乗り換えタイミングつかめずに

ほんの一言のはずみで 私は強くもか弱くもなる
ベタなトラウマは成功の鍵へ
無味無臭など抹殺セヨ

命がけで欲しいものひとつ
だから私はどこまでも高く
燃え尽きて、赤 そして潔くぽとりと落ちる椿の花

命がけで欲しいものひとつ
だから私はどこまでも強い
匂い立つ、赤 そして潔くぽとりと落ちる椿の花

7.テンプレート

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

天地無用の割れ物です 半分はやさしさで出来ている
放送禁止のご用件 「ピー」という音の後にどうぞ

有害な思想は除菌します 当機は間もなく離陸します
一緒に行くなら白線の内側へ

命令がシグナルが街に溢れてる
御用の際はインターフォンを押して 押して 押して 押して

扉をロックしてください ロックしてください
おはようからおやすみまで ロックしてください
ロックしてください ロックしてください
ゆりかごから墓場まで ロックして
ロックして下さい

ファイト一発粗大ゴミ くうねるあそぶの毎日です
口外無用の案件です 判決を下しますお静かに

私脱いでもすごいんです ビン・カン・ペット持ち帰り
寄せて上げてはニセモノです お好きでしょ?

テンプレが警告が街に溢れてる
オーガニックで老廃物を出して 出して 出して 出して

扉をロックしてください ロックしてください
おはようからおやすみまで ロックしてください
ロックしてください ロックしてください
ゆりかごから墓場まで ロックして
ロックして下さい

命令がシグナルが街に溢れてる
御用の際はインターフォンを押して 押して 押して 押して

8.君が私をダメにする

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

このまま会社を休んで クラゲでも見に行こうなんて
素敵過ぎて振り回されてしまうよ

明日の朝も早いからもう寝なくちゃ、と言うなんて
いっそ朝までめちゃくちゃで良いんじゃない?

大切なものを4つあげる 愛 思想 時間 体
「ひとつで良いよ」と言うんでしょ
だから君のこと止められない

そして 君が私をダメにする ズブズブに甘やかして
まるで余裕なフリをする 飲み込まれてしまいたい
君が私をダメにする ビショビショに濡れそぼって
バカな私は油断する 消化されてゆく

バイトも授業もサボってパスポート取りに行こうなんて
楽し過ぎて振り回されてしまうよ

明日の朝を迎えたら ボーダーラインも飛び越えて
いっそ死ぬまでめちゃくちゃで良いんじゃない?

曖昧なものに悩まされる 愛 思想 時間 体
「気楽でいいさ」と言うんでしょ
だから君のこと止められない

そして 君が私をダメにする ギリギリに突き放して
まるで平気なフリをする 解き放ってしまいたい
君が私をダメにする クタクタに連れ回して
バカな私は油断する 同化されてゆく

清潔な声で鼓膜を溶かして
美しい八重歯で息の根を止めて

君が私をダメにする ズブズブに甘やかして
まるで余裕なフリをする 飲み込まれてしまいたい
君が私をダメにする ビショビショに濡れそぼって
バカな私は油断する 消化されて

君が私をダメにする ギリギリに突き放して
まるで平気なフリをする 解き放ってしまいたい
次は私がダメにする 君を私がダメにする
ああ ああ 崩れ合ってゆく

9.白夜

作詞:黒木渚
作曲:黒木渚

君の頭をかき抱いて 甘い欲望がふくらむ
この夜は誰のもの?

夢の狭間をさまよって 熱い輪郭が交わる
この夜は誰のもの? この夜は誰のもの?

動物だった時代のように一糸まとわぬ姿で
どの天体より堂々と私は歩く

キュビズムのように難しく
ラクガキのようにあどけないもの
皮膚の内側に手を入れて体中を探している
君に股がって旅をする
はるか遠くへ はるか遠くへ

罪な言葉をばらまいて 甘い葛藤がうまれる
この声はだれのもの? この恋は君のもの

産まれそろった双子のように何ら違わぬ心理で
どの困難にも勇ましく二人は歩く

組曲のように素晴らしく
はなうたのように親密なもの
君の唇に手をあてて旋律を感じている
君をつま弾いて音がする
はるか遠くへ はるか遠くへ

キュビズムのように難しく
ラクガキのようにあどけないもの
皮膚の内側に手を入れて体中を探している
君に股がって旅をする
はるか遠くへ はるか遠くへ
はるか遠くへ はるか遠くへ

Tagged with 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *