Suara 声 アルバム収録曲歌詞

Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Suara  声 アルバム収録曲歌詞
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
email this

声(初回限定盤) Limited Edition
Suara 形式: CD

Suara  声 アルバム収録曲歌詞

CD (2015/10/14)
ディスク枚数: 2
フォーマット: Limited Edition
レーベル: F.I.X.RECORDS
収録時間: 85 分

ゲーム『うたわれるもの 偽りの仮面』の主題歌「ヌエドリ」を含む、前作『花凜』より4年ぶりとなる、通算6枚目のアルバム。初回限定盤には5曲収録予定のミニアルバムを封入。

Suara 声 アルバム収録曲歌詞

1.ヌエドリ
2.Future World
3.Fly away -大空へ-
4.声を聴かせて
5.すべてをあなたに
6.恋夢
7.脆弱
8.君の前では少年のまま
9.虹色の未来
10.I’m a beast
11.Song of…
12.Dream
13.初空
14.十二月の雨

1.ヌエドリ

作詞:須谷尚子
作曲:衣笠道雄

魔が時(まがとき) 玉響(たまゆら)
音無く 満ち往く月闇や浮かぶ

高き空 ただ馳せらん
鵺鳥(ぬえどり) 心無き(うらなき) 子守唄

聞こえくる聞こえくる 唄は
狂おしいほど 君を映し描きて
淋しくて淋しくて 眠る
逢えぬ運命(さだめ)なれど 想い満ちては
いつかまた逢えると信じて

宵闇 時過ぎ
秘かに 欠け往く月細く堕ちる

遠き山 ただ馳せらん
鵺鳥(ぬえどり) 心無き(うらなき) 子守唄

聞こえくる聞こえくる 唄は
いと惜しいほど 君を映し描きて
淋しくて淋しくて 眠る
望み叶わぬもの 想い欠けても
いつの世か叶うと信じて

欠け往きて 微かなる望みは
また満ちて 朽ち果てることないこの想い

流れくる流れくる 唄は
恋焦がれて 君を映し描きて
繰り返す繰り返す 運命(さだめ)
月を仰ぎ見ては 君を想いて
鵺鳥心無きて 唄へよ

2.Future World

作詞:須谷尚子
作曲:石川真也・衣笠道雄

たった一度の 小さな過ちで
進む道を 見失いさまよっていた

胸の奥に 弱さを隠したまま
誰かの為に 戦うことできない

私が目指すべき道 指をさしては
Ah- ホントの強さ 教えてくれた

出逢いと別れ たどり着いた世界
君と一緒ならば怖いものない
出逢いと別れ たどり着いた世界
君がいてくれるだけでいい

ただひたすらに 課題をクリアーして
欲しい答得られずに あきらめていた

胸の奥に 弱さを隠してても
誰かの為に 戦うことできるよ

私の望む答を 照らし出しては
Ah- ホントの強さ 教えてくれた

めぐりめぐって たどり着いた未来
君と一緒だからどこでもゆける
めぐりめぐって たどり着いた未来
君がいてくれるだけでいい

私が目指すべき道 指をさしては
Ah- ホントの強さ 教えてくれた

出逢いと別れ たどり着いた世界
君と一緒ならば怖いものない
出逢いと別れ たどり着いた世界
君がいてくれるだけでいい

3.Fly away -大空へ-

作詞:巽明子
作曲:衣笠道雄

Fly away 大空へ 夢に見たイメージで
かけがえのない仲間たちと 進み続けてゆこう

戦う日々に少し疲れたり
守るモノが増えていくほど 怖くなる

見えない世界でつまずいた時は
僕らで掴んだ夢 胸に
立ち上がるよ 今

Fly away 新しい扉を開いてく
キミのためなら強くなれる 不思議な勇気で
Fly away 大空へ 夢に見たイメージで
かけがえのない仲間たちと 進み続けてゆこう

戦う度に心強くなる
不安な時 仲間たちと手繋いでく

踏み出した一歩 つま先の向こう
答えはいつでもそこにある
くじけないよ もう

Stand up 新しい未来を築いてく
キミがいるから前を向ける 固い絆で
Stand up 今すぐに 希望の地図広げ
向かい風さえ道しるべに 進み続けてゆこう

Fly away 新しい扉を開いてく
キミのためなら強くなれる 不思議な勇気で
Fly away 大空へ 夢に見たイメージで
かけがえのない仲間たちと 進み続けてゆこう

4.声を聴かせて

作詞:奥井雅美
作曲:奥井雅美

モノクロ色した記憶は壊れた時計
風も音も止まっていた あの日まで
二人が出逢った 動き出すSlow motionに
彩られてく未来 信じていた

だけど運命?悪戯?
すれ違う想い埋められずに
その指先 今はもう触れられない

Ah 会いたい
もう一度だけ愛しい声を聴きたい 会いたいよ
眠れない夜…今日も月に祈った
(会いたいけど会えない あぁ愛しい声を聴いて その指先触れて眠るの)

思い出の日々をひとつずつ数えては
足りない時間 ずっと悔やんでいる

重ねた月日 泡沫
人魚のよう命、消えてしまっても
時を戻す魔法をかけてください

Ah 会いたい
もう一度だけ愛しい腕に抱かれて眠りたい
心に響く…君の声を聴きたい
(会いたいけど会えない あぁ愛しい腕に抱かれ その前髪触れて眠るの)

色のない日常の中 通り過ぎただけの
二人にはまだしたくないのに…
どうすればいい?

Ah 会いたい
もう一度だけ愛しい腕に抱かれて眠りたい 君の笑顔を想う
From me to you「君」と「二人の未来」もう一度だけ信じたい
だから今 勇気を出して君の…
声を聴かせて
(あの場所へと戻り あぁもう一度だけ信じ 歩いていく二人 今すぐ)

5.すべてをあなたに

作詞:宮咲まど
作曲:衣笠道雄

肩の雫が距離をうめる 傘の中
恋の始まりはいつでも雨
寄りそい歩く 街は誰も急ぎ足
あなたの横顔 切なさをわたしに連れて来る

あなたを愛したい 永久が叶うなら
懐かしいほどにそばにいたい人
あなたと出会えた永遠の孤独
穏やかにいつも わたしのすべてをあなたに あなたに

探していたの 最後の恋 見つけたの
言葉より深くその心わかるよ いつまでも

あなたを愛したい 時のこの道を
明日へゆく道を共に渡る人
あなたの隣に 繋いだ手と手を
信じ合えるから わたしのすべてをあなたに あなたに

あなたを愛したい 永久が叶うなら
懐かしいほどにそばにいたい人
あなたと出会えた永遠の孤独
穏やかにいつも わたしのすべてをあなたに あなたに

6.恋夢

作詞:須谷尚子
作曲:松岡純也

初めて見た君は 青い空の似合う
日向の香りが溢れ出て どこか懐かしくて
消えてしまいそうな透き通る瞳に
眩い光と影が小さく揺れる

時間を忘れるくらい話に夢中な君のこと
ずっとこのまま閉じ込めておきたい

ひとときの咲きほころぶ恋夢 君は霞消える幻かな
君への切ない想いは今も 心をにぎりしめる 強くにぎりしめる

心を奪われた 君が見せた笑顔
胸を貫き広がる大輪の花

二人肩寄せ歩いた あの日に戻ることできたら
ずっとずっと二人歩いていたい

ひとときの咲きほころぶ恋夢 君は霞消える幻かな
君への叶わぬ想いは今も 心をにぎりしめる 強くにぎりしめる

ひとときの咲きほころぶ恋夢 打ち明ける勇気を持てないまま
君への切なく叶わぬ想い 散りゆくけど

ひとときの咲きほころぶ恋夢 散りゆくから綺麗なのでしょうか
青い空 眼差し あの笑顔は 心をにぎりしめた 今もにぎりしめた

7.脆弱

作詞:北野淳
作曲:北野淳

結ばれない 二人だって
分かってたの それでも心は
動き出した 求めている
あなただけを 繋いだ指先も

それなりに恋も してきたと思う
でも、この高鳴る胸 抑えきれない

強く抱いて
私の全てを奪って 今すぐに
きつく抱いて
溶けるように あなた色に染めて

もしも明日 この世界が
消えゆくなら 最後の願いは
邪魔されない 二人だけの
瞬間の中で 静かに目を閉じて

儚くも脆い 私の心を さあ、
振り払って今 飛び込んでゆく

ひとりじゃない
繋いだ心は 私を強くする
あなたとなら
何もかも 乗り越えられるから

強く抱いて
私の全てを奪って 今すぐに
きつく抱いて
溶けるように あなた色に染めて

8.君の前では少年のまま

作詞:須谷尚子
作曲:衣笠道雄

風をまとって踊り明かそう 悲しみを振り払い
月と星従えて 君と永遠に踊ろう

雨上がり虹を見つけては 何処までも追いかけた あの頃
柔らかに微笑む瞳に ぬくもりと安らぎ感じてた

気付いたんだ 君の前じゃいつまでも少年のまま

風をまとって踊り明かそう 悲しみを振り払い
月と星を揺らそう 穏やかに時に強く
君を想い 夢を想い 運命をともにして
月と星従えて 君と永遠に踊ろう

広がる世界に魅せられて 何処までも追いかけた 今でも
変わらずに微笑む瞳に ぬくもりと安らぎ感じてる

少年のままの僕を 君は常に映し出す

風をまとって踊り明かそう 喜びを振りまいて
海と空を揺らそう 軽やかに時に強く
君を想い 夢を想い 運命を乗りこえて
海と空従えて 君と永遠に踊ろう

弱さ乗り越え 強さ手に入れ 畏れるものないのに
僕をたやすく少年に戻す君にはかなわない

風をまとって踊り明かそう 悲しみを振り払い
月と星を揺らそう 穏やかに時に強く
君を想い 夢を想い 運命をともにして
月と星従えて 君と永遠に踊ろう

君と永遠に踊ろう

9.虹色の未来

作詞:須谷尚子
作曲:石川真也

キラリ光る 虹色の未来
新しい出逢いがきっと私を待っている

鏡に向かって何度もチェック 最高のスマイルOK!

さあ期待を胸に急ごうスタートは慎重にね
水たまりを飛び越えてスカートの裾がふわり
気持ちも軽くふわり空に舞い上がった

走り出そう 虹色の世界
リズムに合わせて行こう 優しいハーモニー
キラリ光る 虹色の未来
素敵な出来事がきっと私を待っている

友達のために自分のために 最高のスマイルOK!

素敵な人になりたいな 頑張っても空回り
友達の優しい言葉が胸の中ふわり
私も軽くふわり空に舞い上がった

走り出そう 虹色の世界
心を合わせて行こう 奏でるハーモニー
キラリ光る 虹色の未来
新しい出逢いがきっと私を待っている

走り出そう 虹色の世界
リズムに合わせて行こう 優しいハーモニー
キラリ光る 虹色の未来
素敵な出来事がきっと私を待っている

10.I’m a beast

作詞:須谷尚子
作曲:衣笠道雄

重すぎる影をまとい 終わりなき闇の中
甘くはない 自分にも他人にも

ありふれたセリフでは 壊すことできない
何もかもなくすくらい 覚悟決めてぶつかってゆくよ

I shout to the moon wow wow wow まるで獣のように
I shout fiercely wow wow wow 捨てきれない理性
I shout to the moon wow wow wow 夢願うだけでは
I shout fiercely wow wow wow 掴むことできない
Let’s shout to the moon 今すぐ

無理をして笑顔作り 愛想振りまくっても
気付いて欲しいなんて思わないから

優しいセリフだけで 何も癒されない
体全部を使って 覚悟決めてぶつかってきてよ

I dance under the moon wow wow wow まるで獣のように
I dance fiercely wow wow wow 本能剥き出しで
I dance under the moon wow wow wow 夢あきらめないで
I dance fiercely wow wow wow 自分自身信じよう
Let’s dance under the moon 今すぐ

I shout to the moon wow wow wow まるで獣のように
I shout fiercely wow wow wow 捨てきれない理性
I shout to the moon wow wow wow 夢願うだけでは
I shout fiercely wow wow wow 掴むことできない
Let’s shout to the moon 今すぐ

11.Song of…

作詞:木村奈菜
作曲:光田英生

一人になった途端 涙がこぼれた
強がりは“誰のため”なんだろう?

いつも同じ場所で躓いて
見上げた空はでも いつも違う景色だった

意味のないなんてことは きっとこの世界にはない
苦しみを乗り越えたら ひとつ上のステージへゆく
少しくらい不器用でも 自分には素直でいよう
雨が降ったあとじゃないと 空に虹は架からないから

ひとつだけなんて いつも選べない
重い荷物に足取られて

いつも風に煽られて揺れて
フラリたどり着いてここまでに道ができた

終わらないなんてことは きっとこの世界にはない
悲しみも喜びだって いつかは過去に変わるから
例え今日涙しても 明日(あす)を諦めないで
突風に流されても どこか遠くで花は咲くよ

ありふれたストーリーでもいい 最後には笑えるように

意味のないなんてことは きっとこの世界にはない
苦しみを乗り越えたら ひとつ上のステージへゆく
少しくらい不器用でも 自分には素直でいよう
雨が降ったあとじゃないと 空に虹は架からないから

12.Dream

作詞:巽明子
作曲:松岡純也

憧れつづけた 絵に描いた僕の夢は
いつのまにか どこかに無くしていた
胸に空いた隙間埋めるため 走り続けた
溢れ出す涙 誰も止められない

荷物を下ろし 立ち止まり空見上げて
強く握ったこぶし胸に 突き進め

声に希望託して 青空に歌う
歩き出せば見えてくるはず 思い描いた未来
自分自身信じて 後ろ振り向くな
輝く空は 眩しい君の未来
きっと夢は叶うはず

たとえ明日への道 見失い迷ったとしても
勇気くれる仲間 いつもそばにいるよ

心に光るトモシビが消えそうでも
大切なもの 胸に刻み忘れるな

夢に描く未来は 進む道にある
振り返るな転んだっていい たとえ傷ついても
地平線の向こうに広がる世界で
憧れつづけ 描いていた夢が
きっと君を待っている

いつも語り合った僕らがつくるキセキ
空に蒔いた種は 夢となって飛んでゆく 遠くどこまでも

夢に描く未来は 進む道にある
振り返るな転んだっていい たとえ傷ついても
声に希望託して 青空に歌う
歩き出せば見えてくるはず 思い描いた未来
自分自身信じて 後ろ振り向くな
輝く空は 眩しい君の未来
きっと夢は叶うはず

13.初空

作詞:巽明子
作曲:巽明子

キミと初めて見る青空
いつもよりも輝いていた
キミの笑顔がまぶしいように
穏やかな陽が照らしている

悠遠く澄みわたる空
ずっとキミを見守っている
いつか涙で曇ったとき
今日の初空思いだそう

私をにぎる小さな手で
これから何を掴んでいくの
慈しみと愛すること
キミが私に教えてくれる

曇っていても雨が降っても
いつかきっと晴れるように
キミと生きる素晴らしい日々
いつも笑顔が溢れますように

悠遠く澄みわたる空
ずっとキミを見守っている
いつか涙で曇ったとき
今日の初空思いだそう

14.十二月の雨

作詞:巽明子
作曲:松岡純也

夜のにぎわう街 雨が降り出す
空を見つめるあなた
不意に立ち止まり ため息ついた
胸に秘めた言葉 今にもこぼれそう

会いたい時に会えない距離が ふたりの愛遠ざけた
愛がこんなにも壊れやすいなんて 氷で出来たガラスみたいね

もう一度抱きしめて 感じたいぬくもりを
もう一度口づけて 初めてのように
立ちすくむ私たちにやさしく降りそそぐ
雪へと変わる十二月の雨

涙こぼれ落ち 小指でふいた
街に燈る明り まぶしく輝く

すれ違いケンカばかりの日々に 信じること失った
交わすやさしい言葉が大事なんて 気づかなかった不器用なふたり

もう一度ささやいて 腕の中眠るまで
もう一度戻りたい あの頃のように
打ち寄せる傘の波に冷たく降りそそぐ
雪へと変わる十二月の雨

いつかふたりで交わした 永遠の約束
何度季節めぐっても あの頃のように 笑う事なんてないの?

会いたい時に会えない距離が ふたりの愛遠ざけた
愛がこんなにも壊れやすいなんて 氷で出来たガラスみたいね

もう一度抱きしめて 感じたいぬくもりを
もう一度口づけて 初めてのように
立ちすくむ私たちにやさしく降りそそぐ
雪へと変わる十二月の雨 白く儚く

Tagged with 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *